保険加入の際、痛風の方は告知義務があります

基本 RGB

怪我や病気に備えて、保険に加入することは現代社会では普通のこととなりました。ストレス社会であり、交通量の激しい中、いざと言うときに対して備えておくことが重要です。

年齢により保険料が変わります

年齢の若い方は健康である場合が多いので、比較的に加入し易くなっていますし、開始時の掛け金もかなり安く抑えてあることもあります。
若い方に引き換え、高齢の方の場合、全体的に見て費用は若干割高になりますが、保険の用途を絞ったものなどもあり、加入できるものが多くなりました。死亡時に葬儀費用が出ると言うような保険もあります。

だれでも保険に加入するには正確な告知が必要です

若い方、ご高齢の方のいずれにしましても、加入時に医師の診察など受診し、健康の確認を受けることがあります。
その時点で、ご自分が持っている持病や、過去に経験した怪我や病気を正確に、契約相手に話しておく必要があり、義務となります。それを告知義務と言います。
正確に告知を行わなかった場合、支払われる金額が減額されたり、支払われないことがあるので、注意が必要です。

痛風の方も保険に入れます

例えば、契約時に痛風の持病をお持ちの方がいらっしゃるとします。
軽い痛風であれば、発作も比較的少なく、そんなに心配ないので、契約できることこともあります。
しかし、通常軽いと言われる痛風ですが、重いものもあります、重いものである場合は、高尿酸血症に移行していく可能性があります。
高尿酸血症とは、痛風を起こす尿酸が血管中ので高くなることです。
尿酸はプリン体に多く含まれます。軽い痛風だと告知したのに、実は高尿酸血症で、傷みの発作を起こしたら、腎臓の機能障害を起こして、人工透析を開始しなければならない状態にまで病状が進んでいたと言うこともあります。

正確に告知しないと保険金が支払われないこともあります

その時に保険契約が完全に結ばれていたとしても、査定などにより、大幅に減額されるか、全く支払われないこともあります。
契約時にちゃんと正確に告知することが重要です。

まとめ

人工透析とは、腎臓が他の病気の合併症で機能しなくなった時に行います。
治療と言うより、延命措置に近いものです。

自分がどのような持病を持っていて、その持病は生活の中でどのように変化していくのかを正確に判断してしておくことは、正確に持病のコントロールをしていくことに繋がっていく、大切なことです。

ページ上部へ