小児喘息の人が保険に加入する時の告知

咳をする子供

小児喘息の場合、保険への加入は健康な人よりも難しくなってしまいます。ただ、可能性があるものはいろいろとあります。
症状によっては条件付きで入ることができる場合がありますし、限定告知型、無選択型も契約年齢に達すれば、症状によっては入ることが出来ます。
小児喘息の場合、完治してから5年以上経過していれば、問題はありませんが、今も喘息の発作がある場合は、特別条件付きで入ることになってしまう可能性があるのです。
小児喘息の人は、告知によって大きく違ってきますので、正確に告知を行うようにしましょう。

告知をする時の注意点

告知をする内容としては、正式な病名、喘息の発作がどれぐらいの頻度で起こっているのか、ピークフローまたは1秒率の値、治療で使っている薬、入院歴、最後の発作が起こった時期、かかっている医療機関名などです。
できるだけ詳しく正確に書くことがとても大切になってきます。有利な情報についても正確に書くようにしましょう。
有利な情報とは、入院をしていないこと、発作が直近ではないこと、吸入ステロイド薬を使っていないこと、状態が前よりも良くなっていること、医者から良くなってきていると言われていることなどです。
このような有利なことがあれば、正確に詳しく書くようにします。

小児喘息の人が保険に加入できる可能性

小児喘息は慢性の炎症性気道疾患です。重積発作を起こすと、呼吸困難になって死亡してしまうことがあります。
そのため、発作がない時から長期管理薬を使って予防をしていくことがとても大切です。小児喘息はリスクが高い病気であるため、保険への加入は難しい可能性が高いです。
ただ、そのような場合、限定告知型に入ったり、無選択型のものに入ったりすることも出来ます。
どちらも契約年齢に達することができれば、入ることが出来るのです。
重症度が低ければ、入ることが出来ることもありますので、症状や病気の進行度を見ながら、検討してみるようにしましょう。

小児喘息の時の保険への加入

小児喘息の人が入りたいと思った場合は、査定で許可がでなければ入ることが出来ません。
何よりも、告知書を正確に書くことがとても大切です。いろいろと方法がありますので、検討してみるようにしましょう。

ページ上部へ