逆流性食道炎の方が保険会社に告知する時のポイント

咳をする女性

逆流性食道炎の方が、保険会社に告知する時に査定をきちんとしてもらうためにはコツがあります。

いかに正確に伝えるためにどうすればいいのかのポイントを紹介します。

逆流性食道炎とは、胃酸などの逆流が食道へ起こってしまうので、食道の粘膜を刺激してびらんや炎症を引きおこします。

一般的に、胃の疾患も同時に起こっている方が多いと言われています。

運動不足で症状が悪化することもある場合もあります。

医療保険は、逆流性食道炎の症状、治療の状況、重症度に寄って、特別条件が付けられますが入れる場合があります。

そして、限定告知型も症状や治療状況によって入れます。

さらに、無選択型は基本的に入ることが可能です。

正式病名・罹患期間

まず、正式な病名を診断してもらった医療機関名と共に示します。

逆流性食道炎になってからの罹患している期間も伝えます。

内視鏡検査結果

内視鏡検査では、びらんや炎症の度合いをGradeで示すことが出来ますので、把握していればそれも伝えましょう。

投薬内容

実際に、どんな投薬を受けているかも伝えて行きます。

これまでの経過も合わせて伝えるためにも、罹患年数が長い方は特に記録を整理しておく必要がありますが、それによって担当者に伝えやすくなります。

正確に伝えるためにも当事者がしっかりまとめておく必要があります。

手術の有無

これまでに逆流性食道炎で手術を受けたかどうかを示します。

具体的に、受けた時期や分かれば術式も正確に伝えるようにしましょう。

これによっては、入れる可能性が上がる場合もあるからです。

医療機関名

逆流性食道炎の治療を今現在行っている医療機関名を正確に伝えます。

これらのポイントを抑えた上で正確に伝えることで、加入の可能性が上がることももちろんありますので、要所要所を抑えてから査定をうけるようにしましょう。

これらの注意点に従って告知しても、もちろん、重症度によっては加入は難しい場合もあるでしょう。

しかし、そのような方の場合でも、限定告知型や無選択型の加入は可能性があります。

症状や病気の進行度合いに応じて、できるだけ条件のよい保険に入れるようにするためにも、こうしたポイントを抑えた告知が有効だと言えます。

ページ上部へ