指定疾病不担保制度について

苦悩する男性

 

とある持病があるために医療保険に入れずに困っている人がたくさんいます。
治療中の時には、他の病気に関しても不安になるものですが、たった1つの持病があるから保険に入れない状況が続いていました。
そこで指定疾病不担保制度が生まれ注目されています。
指定疾病不担保制度であれば、持病についての保障はされませんが、他の病気に関しての保障をしてもらえるようになります。
治療中でも入れる保険として注目されている指定疾病不担保制度についてまとめます。

 

★指定疾病不担保制度とは?

これまで持病を持っている人にとって指定疾病不担保制度は、加入しやすい医療保険となりました。
特定の病気を不担保とすることによって医療保険に入りやすくなったのです。
同じように持病があっても入れる保険制度がありますが、保険料は割高になることが多かったのです。
しかし、指定疾病不担保制度では、不担保とした疾病以外においては通常の保険と変わりありません。

 

★指定疾病不担保制度のメリット

持病がある場合、他の疾病についても不安を持つものです。
また、無選択型保険の場合は保険料がかなり高くなり、保障にも様々な条件がついてしまいます。
医療保険に入るのであれば、一般的な医療保険から検討すべきですが、無理だったからと言っていきなり無選択型保険を選ぶのではなく、指定疾病不担保制度を検討するようにしてください。
持病をお持ちの方は、特定の疾病に限らず、他の疾病においても不安があるものです。
特定疾病に集中することができるのも、日常生活から不安を取り除くことができるようになるのです。

 

★指定疾病不担保制度のデメリット

持病がある場合は、それを不担保とする制度ですから、一番心配している持病については保障対象とならないことがデメリットでしょうか。
これまで長く持病に苦しんできた人にとっては、指定疾病不担保制度だけでは安心を得ることができない場合もあります。
その場合は、引受基準暖和型保険や無選択型保険の選択も一つでしょう。
支払うだけの保険料に対するメリットが得られるのかどうかはとても大切なポイントですが、精神的な不安を取り除くことも保険の大切な役割ですから。

ページ上部へ