新型うつ病の人が保険に加入する時の告知

うつ

新型うつ病になっている場合、医療保険には加入が難しいです。
新型うつ病は、従来のうつ病とは違うため、抗うつ薬が効果をあげにくく、また、自傷行為も多いです。
そのため、医療タイプには加入がとても難しくなってしまいます。
ただ、生命タイプなら、症状や治療状況によっては入ることが出来るかもしれません。
入ることを考えている場合は、正しく査定されるためにも、告知の時に正確に行うようにしましょう。

新型うつ病の時の告知の注意点

従来の抗うつ薬が効きにくいため、対応が難しいです。治すためには、長時間にわたってのカウンセリングが必要になってきます。
ただ、精神科医療でも、新型うつ患者は増え続けています。
新型うつ病になっている人が入るためには、告知を正確に行うことが大切になってきます。
告知のポイントとして、新型うつ病と診断された時期、通院加療期間と通院していた頻度、過去に入院したことがあるのかないのか、服用している薬剤の名前、かかりつけである精神科または心療内科専門の医療機関名について、正確に記入するようにします。

新型うつ病の人が保険に加入できる可能性

生命タイプのものへ、入ることが出来る可能性はあります。
ただ、医療タイプのものに関しては難しいです。自殺のリスクは少ないかもしれませんが、自傷行為が多いためです。
一般のタイプのものに入ることが難しい場合は、限定告知型や無選択型のものに入ることが出来るかもしれませんので、検討してみるようにしましょう。
新型うつ病は、従来の抗うつ薬の効果が薄く、治すためには長時間にわたるカウンセリングが必要とされる病気です。
特徴は責任を周りの環境や他人のせいにする他罰傾向です。
近年、若年層に、会社には行けないが、遊びには行ける現代型抑うつ症候群が増えています。

新型うつ病の人の保険への加入

新型うつ病になっている人が保険へ入ることは、生命タイプのものであれば可能性もありますが、医療タイプのものは自傷行為の可能性から難しいです。
ただ、その場合も、限定告知型や無選択型のものがありますので、いろいろと症状や治療の状態によって検討してみるようにしましょう。
何よりも大切なことは、正しく査定してもらうために、告知を正確に行うことです。告知をする時は、正確に書くようにしましょう。

ページ上部へ