子宮頸がんにかかった場合の保険の告知

lala_426720140921153047500

がんにかかった人というのは保険に加入しづらくなると一般的に言われています。再発率がある程度高く、重症化しやすいことなどがその理由として考えられますが、中でも子宮頸がんは手術後の病理組織診断によって、予後の評価が変新たに加入することが難しいといわれているがんの一つですが、正確に内容を告知することで、希望している保険に加入できたり、査定を通過できる可能性のある商品を紹介されることが有ります。

子宮頸がん告知のポイント

子宮頸がんの告知の場合、正確に覚えておきたいのが入院・手術の有無と時期、病理組織診断名と病期、手術後の通院加療の有無と治療内容(化学放射線療法などの有無)、主治医から終診と言われた時期、治療を受けた医療機関名などです。
これらの情報を元に、保険会社のほうで調査を行って最終的に入ることができるという流れになりますが、正確に告知しない場合には、判断が曖昧になりますので不安要素があるということで断られてしまう可能性が高くなります。

子宮頸がんでがん保険加入も可能

子宮頸がんになると、このように保険などで不利に感じられることもありますが、正確に告知することでこれらのリスクを極力低くすることはできます。
子宮頸がんであれば必ずしも入ることができないというわけではなく、正確に告知されていれば、もともとが早期の子宮頸がんである程度期間が経過しており、術後の合併症や後遺症もなしに完治しているケースなど、査定に通ることもあります。
早期であれば治療もそれほど大事にはなりませんし、回復も早いので、新しく何らかの商品に入りたいときにも通りやすくなります。こまめに子宮がん検診を受けておくと良いでしょう。

まとめ

元々、子宮頸がんが加入する際にリスクが大きいといわれている理由は、自覚症状が少なく、子宮がん検診を若い年代で受ける女性が少ないために、病状が進んだり高齢者になってから初めて発覚するケースが多いためです。
現在は自治体で助成を行っており、一定の年齢になると無料で検診を受けられるようになっていますので、できるだけこれらを活用して診察してもらうようにしましょう。
これによって、健康管理ができるだけでなく、将来の医療に関する保障を受けられる可能性を広がることにもつながります。

ページ上部へ