再発しなければ入れる医療保険

部屋でタブレットを見る女性

 

持病がある人はこれまで保険に入ることができませんでした。
特に癌になったことがある人は、再発しない保障もありませんし、長い間再発しない期間があったとしても入れる保険がありませんでした。
しばらく再発していないからといって告知で嘘をつくと保障されなくなってしまいます。
しかし、徐々に持病を持っている人、病歴がある人でも入ることができる保険が注目されるようになりました。
持病、病歴があっても入れる保険についてまとめます。

 

★がん保険について

がんになったことがある人は「がん保険」に入ることができないのが通例となっていました。
そのため、保険に入っていなかったひとががんの治療を受けるようになり、これからも再発する可能性があるという不安な状況の中で治療費を捻出するのがとても大変だったのです。
しかし今は、がん保険への加入条件の幅が広がり、がんになったことがある人でも入ることができる保険が増えてきたのです。

 

★再発しない期間について

一般的には、「5年間再発していないこと」ががん保険の条件になることが多いのですが、他の保険会社と差別化するような商品が増えてきているのも確かです。
2年間再発していないこと、であったり現在治療中でも入れる保険があります。
持病や病歴の範囲も重要です。再発する場所が入っている保険の対象とならないこともありますので、入れる保険がカバーしてくれる病気や治療の範囲を良く理解しておくようにしましょう。

 

★持病があっても入れる保険

がん保険を調べていると、「引受基準緩和型」や「無選択型」といったキーワードを目にします。
引受基準緩和型は告知しなければならない項目が少なくなっており、無選択型は告知が必要がありませんから入りやすさにこだわった商品と言えます。
持病や病歴があっても入れる保険があるからといって安心できないのは、その保険料です。
若いころから保険に入っているのとは違い、入りやすいために保険料は高くなりがちです。
がん治療にかかる費用よりも払い込む保険料が多くなることもあります。
資料を読み込むのもややこしくて大変だという人は、窓口での相談が理想的と言えます。

ページ上部へ