パーキンソン病の人が保険に加入する時の告知

痴呆症

パーキンソン病になっている場合、生命保険などに加入することが出来る可能性はあるのでしょうか。
基本的には、とても難しいということになります。
医療タイプは入れないことが多いのですが、生命タイプの場合は、症状や治療状況によって、特別条件付きで入ることが出来る場合もあります。

ただ、どのような場合でも、告知内容によって結果が違ってくることがありますので、気をつけるようにしましょう。大切なことは、査定の時に告知を正確に行うことです。

パーキンソン病の告知をする時のポイント

パーキンソン病になっている場合、医療タイプ、生命タイプ、どちらの場合でも入ることはとても難しくなってしまいます。
ただ、生命タイプの場合は、パーキンソン病の重症度によってですが、高度割増保険料で入ることが出来る可能性があります。
そのためにも告知のポイントをおさえておくようにしましょう。
告知をする時は、パーキンソン病と診断された時期、左右、または両手に振戦があるのかないのか、すくみ足、小刻み歩行、加速歩行などの歩行障害があるのかないのか、うつ状態などの精神症状があるのかないのか、定位脳手術をしたことがあるのかないのか、手術をしている場合は手術の時期、服用している薬剤の名前、かかりつけの医療機関名などに注意をして、正確に記入するようにします。

パーキンソン病の人が保険に加入できる可能性

告知の時に注意をして、正確に記入をしても入ることが難しい可能性はとても高いです。
ただ、一般のものが難しいのであれば、限定告知型や無選択型へ入るという選択肢もあります。
限定告知型は、症状や治療の状況によっては入ることが出来ることがあるのです。パーキンソン病の人が入りにくい理由は、難病であるためです。
パーキンソン病は、脳内の中脳黒質緻密質のドーパミン分泌細胞の変性が主な原因である神経変性疾患です。難病に指定された病気であるため、入ることがとてもむずかしくなってしまうのです。

パーキンソン病の人の保険への加入

パーキンソン病の人が加入をすることはとても難しいですが、告知は正確に記入をするようにしましょう。
正確に書くことで入ることが出来るかもしれませんし、限定告知型や無選択型へ入るということも出来るかもしれないのです。
告知をする時は必ず正確に書くようにしましょう。

ページ上部へ