脳腫瘍の人の保険の告知について

Senior man with gesture of having forgotten something, suffering from amnesia.

Senior man with gesture of having forgotten something, suffering from amnesia.

既往症の人が保険に新たに加入するというのは、医療の場合でも生命の場合でも難しいと言われています。
中でも、重症になりやすいタイプの病気に関して言えばかなり条件が不利になりますので、告知のときに控えめに申告しているという人も見受けられます。
しかし、これは結果的に査定のときに悪い印象を与えてしまいますし、実際に病気や怪我などになったとき、本来の給付金を受け取ることができなくなる可能性もありますので、あまりおすすめできません。

脳腫瘍も程度により保険加入も可能

保険に加入しづらくなるタイプの病気の代表として、脳腫瘍があります。脳腫瘍は悪性になると重度の後遺症が発生したり、場合によっては死に至る可能性もありますので、リスクが大きいことがその理由です。そ
のため、どういったタイプの商品でも新たに加入するのが難しいといわざるを得ませんが、正確に告知をすることで、症状がある程度軽い人ならば一般の商品に入ることができる場合もありますし、その会社で扱っている、保障内容が近くて入ることができる商品を紹介してもらえることもあります。

脳腫瘍で正確に告知

脳腫瘍の告知で正確に覚えておきたいのが、正当な脳腫瘍の病名(できれば病理組織診断名)、手術を行った時期、術後の放射線療法や化学療法の有無、術後の後遺症や合併症の有無およびこれらがあった場合にはその詳細、主治医から終診と言われた時期などです。
これらを正確に把握している場合であり、良性脳腫瘍であったり頭蓋内の状況が安定して久しい場合などは、医療・生命保険に新たに入ることができる場合もあります。

正確に告知しないとペナルティがあり契約後に不安が残る

脳腫瘍などの重篤になりやすい病気の場合、正確に告知をすることにためらいを感じる人も少なくはありませんが、結果的には正確に伝えておいた方がペナルティを課せられるようなこともなく、給付金を確実に受け取ることができますのでおすすめです。
逆に、内容を事実と異なるように伝えた場合、実際に給付を受け取ることができる状況になっても、支払いを拒否されたり、会社の方から契約を打ち切られてしまうなどのリスクがありますので、長い目で見れば逆に不安です。自分は治療のことで大変ではありますが、家族などに依頼して、病気や治療の経過は記録しておきましょう。

ページ上部へ