甲状腺機能亢進症の人が保険に加入するための告知

Donna visitata alla gola e collo da medico

甲状腺機能亢進症になっている人は、条件付きとなってしまいますが、保険に入ることが出来ることがあります。
甲状腺機能亢進症になっていると、一般のタイプへ入る場合は、部位不担保などの条件がつくことが多いです。
死亡タイプの場合は、割増しであったりすることもありますが、無条件で入ることが出来る場合もあります。
正しく査定してもらうために、正確に告知をするようにしましょう。

甲状腺機能亢進症の人が正確に告知をするためのポイント

医療タイプも生命タイプも、治療状況や症状によって、入ることが出来る可能性があります。
ただ、そのためには正確に告知をすることがとても大切になってくるのです。
告知をする時のポイントは、症状、治療方法について、手術をしたことがあるのかないのか、T3T4TSHなどの甲状腺ホルモンなどの推移、手術をしたことがあった場合は、病理組織診断が良性であったのか悪性であったのか、かかりつけである診療機関名、治療をするために飲んでいる薬剤の名前などを、正確に記入します。

甲状腺機能亢進症の人が保険に加入できる可能性

注意をして正確に告知をするようにしても、病状や治療状況によっては、入ることが難しくなる可能性もあります。
入ることが出来ても、医療タイプの場合は部位不担保などの条件がつくことが多いです。
死亡タイプのものは割増になったり、無条件で入ることが出来たりします。
ただ、一般のものが難しい場合も、限定告知型や無担保型のものもありますので、考えてみるようにしましょう。
甲状腺機能亢進症になっている人が入りにくい理由は、心疾患や不整脈などの合併症や眼の症状のリスクがありますし、再発の恐れがある病気であるためです。
甲状腺機能亢進症は、血液中の甲状腺ホルモンが増加する病気で、無痛性甲状腺炎などがあります。
治療としてはアイソトープによる放射線療法があります。

甲状腺機能亢進症の人の保険加入

甲状腺機能亢進症の人が保険に加入することは、治療の状況によっては可能です。
医療タイプなら部位不担保などの条件がつくことがあります。
死亡タイプは割増しか、無条件で入ることが出来る場合もあります。
一般のタイプが難しくても、限定告知型や無選択型に入ることが出来る可能性もあります。加入を考えている場合は、正しく査定してもらうために、告知を正確に行うようにします。

ページ上部へ