【慢性腎臓病】保険の告知と加入について

慢性腎臓病を患っている場合、一般的には保険の加入はとても難しくなります。がん保険には加入できることがあります。また限定告知型や無選択型にも、症状や治療の状況によっては、入ることができる場合があります。

  1. 慢性腎臓病の保険加入データ
  2. 慢性腎臓病患者の告知ポイント
  3. 慢性腎臓病の人が保険に加入することができる可能性

1、慢性腎臓病の保険加入データ

病名慢性腎臓病
保険の入りやすさ (1/5)
一般的な保険進行性の病気で、将来的に心筋梗塞や脳卒中にかかりやすいことから加入が難しい
引受基準暖和型保険
限定告知型保険
加入できる可能性あり
無選択型保険
無告知型保険
加入できる
告知のポイント
  • 診療期間名
  • 診断を受けるに至った経緯
  • 治療を開始した時期
  • 通院頻度
  • 合併症の有無
  • 発症してから治療のために飲んでいる薬剤名

2、慢性腎臓病患者の告知のポイント

慢性腎臓病の場合、一般の生命保険や医療保険に加入をすることは難しいといえます。ただ入れる可能性を少しでもあげるために、正しく査定をしてもらうために、正確に告知を行いましょう。

  • 急性か
  • 慢性か
  • 原発性か
  • 続発性か

この違いがわかるように書くことです。

  • 診療期間名
  • 診断を受けるに至った経緯
  • 診断を開始した時期
  • 通院頻度
  • 合併症の有無
  • 発症してから治療のために飲んでいる薬剤名

医療機関で診察を受けるに至った経緯と時期についても書きます。合併症があるのかないのか、使っている薬剤名と受けている治療内容、通院している頻度、かかりつけの医療機関名などです。

3、慢性腎臓病の人が保険に加入することができる可能性

慢性腎臓病だと加入しにくい理由は、将来的に心筋梗塞や脳卒中にかかりやすい病気であるためです。慢性腎臓病は進行性の病気で病気が進んでいいくと、人工透析や腎移植が検討されるようになります。原因としては、食の欧米化の影響がいわれています。

ページ上部へ