慢性腎臓病の人が保険に加入する時の告知

ƒvƒŠƒ“ƒg

慢性腎臓病になっている場合、一般的には、保険に入ることはとても難しくなります。
一般のものの場合、入ることは難しいのですが、がん保険には入ることが出来ることもあります。
また、限定告知型や無選択型にも、症状や治療の状況によっては、入ることが出来る場合があります。
ただ、どの場合も、正確に告知をしておく必要があります。正しく査定をしてもらうためです。
そのため、正確な告知をするためのポイントについて知っておくようにしましょう。

慢性腎臓病についての告知のポイント

慢性尋常病の場合、一般の生命タイプや医療タイプのものに加入をすることは、難しいです。
ただ、正しく査定をしてもらうために、正確に告知を行うことがとても大切になってきます。
正確に告知をするためのポイントは、急性か、慢性か、原発性か、続発性かがわかるように、正確な病名を書くことです。医療機関で診察を受けるに至った経緯と時期についても書きます。
合併症があるのかないのか、使っている薬剤名と受けている治療内容、通院している頻度、かかりつけの医療機関名などです。

慢性腎臓病の人が保険に加入することが出来る可能性

慢性便乗病の人が入ることが出来る可能性は低いです。ただ、がんタイプのものは比較的、入りやすいので、入っておくようにしましょう。
また、一般のものが難しかった場合でも、限定告知型や無選択型に入るということも出来るかもしれませんので、慢性腎臓病の症状や、治療の進行度合いに応じて、いろいろと考えて検討していくようにしましょう。
慢性尋常病だと入りにくい理由は、将来的に心筋梗塞や脳卒中にかかりやすい病気であるためです。
慢性腎臓病は進行性の病気で、病気が進んでいいくと、人工透析や腎移植が検討されるようになります。
原因としては、食の欧米化の影響が言われています。

慢性腎臓病と保険の加入

基本的には、慢性尋常病の人は生命タイプでも医療タイプでも入りにくく、がんタイプへの加入だけは比較的入りやすいという状況です。
ただ、限定告知型や無選択型などは入ることが出来る可能性もあります。入ることが出来る可能性を高めるためには、正確に告知をするようにしましょう。
正しく査定をしてもらうために、正確に告知をすることがとても大切なのです。

ページ上部へ