持病があっても入れる保険の特徴や違い

ベンチに座るシニア

 

持病があっても入れる保険が増えてきています。
保険に入って安心を得たい消費者が多く、病気になってから初めて保険の大切さに気付く人もいます。
持病がある人が保険を選択する際にはどのように選べばいいのでしょうか?
引受基準暖和型保険、限定告知型保険、無選択型型保険、指定疾病不担保保険、と保険の種類は増えてきていますので、病歴と合わせて考えなければなりません。
それぞれの保険の違いをまとめていきます。

 

☆持病があっても入れる保険の違い

引受基準暖和型保険は、告知した病歴の基準を緩和してくれる保険です。
過去の病歴によって入れないこともありますが、条件が緩和されたことでこれまで保険に入れなかった人の選択肢が広がりました。
保険に申し込む際には、病歴を告知しなければなりません。
告知内容を限定することで入りやすくした保険が限定告知型保険です。
無選択型保険は更に条件が広がっていて、告知する必要がありません。
その分、保険料の支払いに条件が追加されます。
加入して2年間に死亡した場合には、掛け金のみが返金されるだけになりますし、保険料はかなり割高になります。
指定疾病不担保保険は、指定した病気のみを保険対象から外す事で、入りやすくなった保険です。
ガン患者だからといって医療保険に入れないのではなく、ガンを除いた疾病については保障対象としましょう、ということですね。
各保険会社からそれぞれの保険サービスが展開されていますが、どれも保険料は割高になる事を忘れてはいけないことと、細かく条件が設定されている事は理解しておかなければ、高い保険料を払うだけ払って実は補償されていなかったということもありますので注意してください。

 

☆持病があっても入れる保険のコツ

保険に入りたい人がいきなり、引受基準暖和型保険や無選択型保険を選ぶのはもったいないと言えます。
持病があったとしても最初に検討すべきなのは一般的な医療保険です。
告知内容をごまかすと補償対象となりませんから、告知は正直に伝えるようにしましょう。
その上で、保険金額と相談をして、貯金するよりもメリットがあるのかを確認する事が大切です。

ページ上部へ