持病があっても加入できる医療保険を比較

ƒvƒŠƒ“ƒg

 

以前は持病があると保険に入ることはできませんでしたが、最近では持病や過去の病歴にかかわらず誰でも加入できるタイプの保険も発売されています。
持病があっても加入できる保険には引受基準暖和型保険(限定告知型保険)、無選択型保険の2タイプがあり、それぞれ基準が異なります。
今まで持病があるせいで保険に加入できなかった方には気になる情報ですね。
そこで、今回は持病があっても加入できる医療保険の特徴を比較していきたいと思います。

 

★無選択型保険とは?

通常保険に入る際には健康状態に関する告知書や医師の診断書が必須ですが、無選択型保険では必要ありません。
つまりは、現在病気の方でも入れる保険ということになり、新しい保険の形として持病や通院歴のある方には嬉しい保険です。
しかし保険加入から一定期間は保険金額が低く設定されていたり、死亡補償金が少額である、保険料が割高であるといったデメリットがあることも忘れてはいけません。

 

★引受基準暖和型保険とは?

引受条件とは、保険に加入する際に過去の病歴や通院などについて幾つかある質問事項です。
通常の保険では、たくさんの項目があり持病のある方には厳しい条件になります。
しかし、引受基準暖和型保険ではこの引受条件の基準が緩和されており持病のある方でも入りやすい基準にあります。
また、大きな病歴がある方でも期間をクリアしていれば加入することが可能で、それらの再発にも保険料が支払われます。
無選択型よりハードルは上がりますが保険料の負担は少なくなる傾向にあるため、まずはこちらを検討するとよいでしょう。

 

★基準は保険会社による

引受基準緩和型保険は、保険会社によって「限定告知型」や、「選択緩和型」とも呼ばれていますが同じものです。
引き受け条件がたくさんあるものが普通の保険、少ないものが引受基準緩和型保険、必要ないものが無選択型保険と考えると分かりやすいでしょう。
引受基準は保険会社によって異なり、A保険会社から断られてもBやC保険会社では加入できるといった場合があるのでいくつかの会社に申し込んでみるのもおすすめです。

 

★シュミレーションが必要

大きな病歴や、持病があっても加入できる保険があるのはこころ強いですね。
しかし、保険会社にとってはリスクとなるため、保険料は通常の倍以上になることもあります。
毎月の支払額やもらえる保険金の額をよくチェックし、無理なく入れる保険を選ぶことが大切です。

ページ上部へ