持病がある場合の保険加入のポイント

 

いざという時のために、生命保険や疾病保険に加入しておく事は、近くで世話をしてくれる家族のことを考えればとても大切なことです。
自分が病気になった後や死亡した後のことはしっかりと考えておきましょう。
保険に入りたいけれど、持病を持っているから保険に入れない、と勘違いしている人がいます。
保険会社のメニューが増え、持病を持っていても入れるようなサービスが展開されていますし、保険会社によって基準も違ってきています。
ここでは、持病がある場合の保険加入のポイントについてまとめていきます。

 

★持病があるからといって諦めない

昔から持病で通院を続けているからといって保険に加入できないと諦めてしまうのはもったいないです。
まずは、一般的な保険を考えるようにしてみてください。持病があるから保険に入れないという事自体が、思い込みによるものである可能性だってあります。
持病にも様々な種類があります。
例えば、高血圧や喘息も広い意味では持病になりますよね。
これらは通院をしていたとしても、一般的な保険に入りやすいものです。

 

★一般的な保険を考える理由

また、持病があっても簡単な告知で入れる保険があります。
限定告知型、引受基準緩和型といった種類があり、今の持病を告知すれば加入することができるのです。
もちろん、持病の度合いにもよります。
過去に重い病気にかかったことがある、または手術したことがある場合には審査が厳しくなるのは仕方ありません。
しかし、申し込まないのはもったいないですよね。持病がある人は、簡単な告知で入れる保険から選ぶこともあるのですが、ちょっと待ってください。
限定告知型や引受基準緩和型の保険は、確かに持病があっても入りやすい保健ではありますが、一般的な保険よりも保険料は高くなります。
まずは、一般的な保険を検討してから、告知型の保険を検討するようにしましょう。

 

★告知無しでも入れる保険

一般的な保険や告知が必要な保健に入る事が出来なかった場合、もう諦めるしかないと思っていませんか?
告知無しでも入れる保険はたくさんあります。
ただし、告知無しで入れる保険は保険料も高くなりますし、保障内容も限られてしまいます。
持病があったとしても一般的な保険をかなり吟味して入れるところを探す方がいいでしょう。
また今入っている保険が既にあるのであれば、そこから特約を増やす事ができないか、サポートセンターや営業担当者と会話することをおすすめします。

ページ上部へ