持病があっても加入できる医療保険「引受基準暖和型保険」

 

持病があっても入れる保険が注目を浴びています。
これまでは保険に加入するためには厳しい審査を通過しなければならず、保険に加入するのも一苦労でした。
保険会社の競争が激化し、社会の流れも変わってきていることから持病があっても入れる保険が増えてきたのです。
もちろん、健康な方とは違う基準になりますし、病歴の告知は正確に実施しなければなりません。
そういった背景があり、各保険会社がサービスを展開している「引受基準暖和型保険」の加入検討をする人が増えたのです。
引受基準暖和型保険とは何なのかについて、紹介していきます。

 

★引受基準暖和型保険とは?

過去に大きな病気をしたことがある、直近で入院をしたことがある、通院を続けなければならない持病があるなど、現在の健康状態は人それぞれですよね。
保険会社が保険加入を審査する際、健康状態を見るのは当然のことです。
どれくらいの健康レベルであれば加入を認めるのか、それが引受基準です。
つまり、引受基準暖和型保険とは引き受けるための基準を下げた保険ということですね。

 

★引受基準暖和型保険のメリット

引受基準暖和型保険のメリットは、持病を持っている人の入りやすさです。
一般的な保険に入れなかった人でも、引受基準暖和型保険でしたら加入できる場合があります。例えば、とある部位の手術をしたことによって、体全体の健康が気になるようになった人や「やっぱり保険に申し込んでおけばよかった!」と病気が治ってから思うようになった人にとっては、ありがたい保険サービスになります。
申し込んだら審査はありますので、告知内容は迅速に、正確に伝えるようにしましょう。

 

★引受基準暖和型保険のデメリット

引受基準暖和型保険は持病を持っている人も入りやすい反面、健康な人よりは保険料が高くなります。
保険会社からすれば保険料を払う可能性が健康な人より多くなりますからね。そのため、一般的な保険に入れないのかを考えた後で、引受基準暖和型保険を検討するようにしてください。
また、加入してから1年は保険料が削減される事があります。
しばらくは保険料を払う可能性が高いと判断されるためです。

ページ上部へ