【限定告知型保険】保険料と給付削減

若い社会人

 

持病や大きな病歴を持つなど健康に不安がある方にとって、少ない告知で加入できる限定告知型保険は強い味方といえるでしょう。
しかし、一般的な保険よりも保険料が割高であるなど負担が大きくなりがちで、保証内容も同じではありません。
特に給付削減支払法では加入後一定期間内に保険金の支払いを受ける事由が発生しても、保険金が減額されるため注意が必要です。
そこで、今回は限定告知型保険のおける給付削減支払法について詳しくみていきましょう。

 

★給付削減支払法とは?

保険に加入後、保険会社が定めた期間内に保険金が支払われる事由が発生した際に給付金額を減額して支払う仕組みです。
加入から半年は給付金・一時金ともに保険金の支払額は20%に減額、半年から1年なら50%に減額される場合など、期間や減額内容は保険によって異なるため加入前に比較検討することをおすすめします。

 

★なぜこの条件が付くのか?

限定告知型保険は一般の保険と違い告知が少ないため、健康に不安がある方でも入りやすい保険です。
その反面、保険会社にとってはリスクが大きい商品であり、そのため保険料は高めに設定されています。
しかし、少しでも保険料を安くするために、利用度の低い加入からすぐの保険金を少なく設定しリスクを分散させています。

 

★一般の保険でも給付削減支払法はある

限定告知型保険だけでなく、一般の生命保険や医療保険でも一定期間は給付が限定される時期があります。
有名なのは生命保険ですが、がん保険でも給付削減支払法があり、どの保険に加入する場合でも確認が必要です。
削減される期間や内容は保険によって異なりますが、給付減額される期間が短いと保険料が高額になる傾向にあるため、加入前の総合的な比較が必須といえます。

 

★健康に不安がある方でも

限定告知型保険では健康に不安のある方でも少ない告知で加入できる人気商品で、さまざまな保険会社からたくさんの商品が販売されています。
しかし、一般の保険とは異なり、保証が少ないや保険料が高額といったデメリットがあり注意が必要です。
病歴のある方でも一定期間再発していなければ一般の保険に加入できる可能性があるため何社か申し込みをしてみるといいでしょう。
さらに、告知だけでは心もとない場合は健康診断書を提出することで審査に通りやすくなる場合もありおすすめです。

ページ上部へ