【限定告知型保険】発病後加入できる時期は?

OKする若い女性

 

既に持病を持っている、がんの治療を継続している、完治したけれども再発してしまった、といった症状をお持ちの方は医療保険への加入が健康な人よりも難しくなります。
これまでは、持病があるというだけで入れる保険が全くありませんでした。
保険会社のリスクだけが目立っていた形ですね。
しかし今は、限定告知型保険が増えてきており、保険加入時に告知しなければならない項目が限定されるようになりました。
持病やがんに悩んでいた人が入れる保険が出来たことで金銭的だけではなく、精神的にも安心できるようになったのです。
限定告知型保険と加入できる時期についてまとめます。

 

★限定告知型保険の特徴について

一般的な医療保険に入れない!と最初から決めつけてしまうのはもったいないので、限定告知型保険を選択する前には、一般的な医療保険を探すようにしてください。
なぜなら、一般的な医療保険よりも限定告知型保険の方が保険料が割高になるためです。
通常の医療保険に入れるのに限定告知型保険に入るのはもったいないですからね。
一通り一般的な保険を見渡して、断られた経験をした方は、限定告知型保険を選択してみてください。
保険に入れないと思っていた人には大変力になってくれる保険制度です。
もちろんデメリットも存在しています。
先ほど話した保険金が割高であるだけではなく、支払いの上限が発生することです。
それでもこれまで保険に入れないと思っていたことを考えれば、メリットの方が多いはずですので、検討の一つにしてみてください。

 

★限定告知型保険に加入できる時期

がんなどの病気が発病してから限定告知型保険に入れるものでしょうか。
一般的には、保険に入っておき、病気になるから、保険料が下りる、というのが流れです。
つまり、すでに発病してしまってから保険に入れるのであれば保険会社は損をするだけになってしまいますよね。
一般的には、がんなどの持病にかかってから5年間、発病しないことが保険に入れる条件になります。
しかし、限定告知型保険についてはこの限りではありません。
告知しなければいけない項目が限定されているので、入りやすく設定されているのです。諦めずに検討することが大切です。

ページ上部へ