【限定告知型保険】告知のポイント

young asian woman in the kitchen

 

限定告知型保険とは、一般の保険と違い健康状態に不安がある方でも加入できる保険です。
いくつかの告知項目はありますが、基準は緩やかで保険会社によって異なります。
さまざまなメリットやデメリットがありますが、告知のポイントはどのようになっているのでしょうか?
今回は限定告知型保険の告知内容について、保証内容などのポイントについてみていきたいと思います。

 

★告知とは?

同じ年令性別の人でも、病歴や生活習慣により保険金の受取額が違ってきます。
それでは加入者の中で不公平感が生まれやすいため、告知内容によっては保険に加入できないことで公平を保つ役割をしています。
告知の項目には、保険に加入する被保険者の最近の健康状態から以前の病歴、現在の職業やお酒やタバコといった嗜好品についてといったものがあります。
保険に加入する審査に通るためには告知内容全てに該当しないことが条件となりますが、加入の際に虚偽の告知をした場合には「告知義務違反」となり契約解除の対象になります。

 

★限定告知型保険の告知

限定告知型保険の告知内容は一般の保険と比べて項目が少なく、大きな病歴がある場合でも最近の健康状態や再発していないなど条件によっては加入することが可能です。
具体的には、「過去3ヵ月以内に入院、手術、検査をすすめられていないか?」といった一般の保険と変わらない内容です。
また、告知の項目は3つのみで終身保証があるといった会社もあり、現在無選択型保険に加入している方でも一定期間再発がなければ限定告知型保険に乗り換えられる可能性があります。

 

★告知のポイント

保険会社やプランによって告知の内容は異なります。
そのため、A社で審査を通過できなかった方も、B社やC社では加入することができるといった場合もあります。
告知の内容と保険料は比例の関係にあり、告知の項目が多く加入条件が厳しい保険ほど保険料がお得な傾向にあります。
少しでもお得な保険への加入を希望する場合は、プランを比較し審査を受けてみてから検討するのもいいでしょう。

 

★無選択型保険との違い

無選択型保険では、告知は必要ありません。
従って、現在闘病中の方でも保険に加入することが可能ですが、加入から一定の期間は保険金が少ない、保険料が高い、既往症には保険が適用されないといったデメリットがあります。

ページ上部へ