がん発症後の保険会社への告知方法

a1180_012067

がんにかかった人の場合、一般的には新たに何らかの保険に加入したいと考えても、保険会社のほうで拒否される可能性が高くなります。
しかし、一般型のタイプでは完治してからかなりの年数が経過している場合に限り、加入できる可能性があります。
ただし、もちろんがん保険には加入できません。また、限定告知型のものについては症状や治療状況によって入ることができますし、無選択型のものであれば基本的に入ることができるなど、種類や内容によって査定に通れば何らかの保障を用意しておくことはできます。

がんに罹ったことのある人の告知

がんにかかった場合の告知方法は、特に通常よりも正確に内容を伝えておく必要があります。
会社によって基準は異なってきますが、一般的なものとしては、今までにがんにかかったことがあるか、かかった人は現在も入院中かどうか、または最近3ヶ月以内に入院や手術を勧められたことがあるか、一部の病状や病気、もしくはその疑いで治療や検査をしていたり、経過観察中か、または治療や検査を受けるようすすめられたことがあるか、過去5年以内に一部の病気やその疑いで通院をしたことがあるかなど、詳しい内容を正確に伝えるようになってます。

がん告知のポイント

告知におけるポイントでは、がんを発症してからの入院・手術の有無と時期、病理組織診断名と病期(ステージ)、手術後の通院加療の有無と詳細、主治医から終診と言われた時期、治療を受けた医療機関名などは最低限正確に調べておくようにすると、会社の方でも調査をスムーズに進められるようになります。
正確に情報を伝えることで、特別条件付きで保険に入ることができる場合もありますので、温熱療法、免疫療法、緩和ケアなどの治療を受けた場合にも記録しておくと良いでしょう。

まとめ

このように、がんにかかった場合の告知は特に正確に内容を伝える必要がありますが、再発率が高いこと、重症化しやすいことなどから、この告知によって必ずしも加入できるわけではないということも理解しておきましょう。
ただ、虚偽の告知をした場合にはいざというときに支払いを受けることができないばかりか、ペナルティが課せられる可能性もありますので、以前がんにかかったことがある人は、そのときの記録をきちんととっておきましょう。

ページ上部へ