どんな病歴があっても入れる指定疾病不担保険

オペレイター

 

長い間持病と付き合い、入院や治療の期間が長い人は、医療保険に入れないと思っていませんか?
医療保険制度も様々で、持病があっても入れる保険があります。
ガンの場合も同じで、ガン入院でも入れる保険が存在しています。
告知が不要なタイプの無選択型医療保険であれば、どんな病歴があっても入れるのですが保険料は割高になってしまいますし、支払いの条件にも限定されるものとなってしまいます。
指定疾病不担保険であれば、ある疾病を不担保とする指定をすれば、他の疾病に関しては問題なく保障をしてくれます。
これから別の病気になる可能性もありますし、治療や入院が必要になってくることもあるでしょう。
持病を持っているからといって保険に入るのを諦めている人は、今一度指定疾病不担保制度を見直してみてください。

 

☆指定疾病不担保保険のメリット

指定疾病不担保険は、持病を持っている人、入院を繰り返している人など、現在の健康状態に不安がある人に向けて考えられた保険です。
例えば、ガン入院をした経験があり、完治してから半年と言う人であっても、ガン以外の保障を受けることができるようになっているのです。
病気は一つではありませんし、高齢になればなるほど、持病の範囲も広くなっていきます。
今の持病があるから入れないと思っているのはもったいないのです。
一般的な医療保険に申し込みをして告知内容で断られた人でも、指定疾病不担保保険なら加入が可能です。
保険加入の範囲を広げ、この先の不安を取り除くようにしてみてください。

 

☆どんな病歴があっても指定疾病不担保制度は通用するのか

指定疾病不担保制度であれば、指定した病歴以外の保障を得ることができます。
子宮内膜症など女性に非常に多い疾病については対象外となっています。
そのため、どんな病歴があっても入る事はできますが保障を受けるかどうか事前に確認しておかなければなりません。
また、持病以外の保障を受けることができるとうことは、持病の治療にかかる費用に加えて保険料の支払いが発生します。
今の持病治療にお金がかかる事を十分に計算した上で、保険加入を検討する必要があります。

ページ上部へ