無選択型保険に入りやすい持病とは

老若女性3

高齢で保険に加入できるか心配、または持病があるので保険選びに頭を悩ませているなど健康に不安を抱えている人にとって保険への加入は不安がつきものですよね。
病気へのリスクが高い分だけ加入へのハードルも高くなりがちです。今日はそれでも安心のサポートが欲しいという人にとって朗報な無選択型保険について詳しくご紹介しましょう。

 

☆無選択型保険って何?

保険加入を試みたものの健康上の問題で加入できなかった人にオススメなのが無選択型保険です。

無選択型保険の文字からでも意味が読み取れるように、保険会社から加入者を選択しません。
そう、つまり無選択なので加入者にとってはハードルが低く、容易に加入できるという事です。
医師による診査も必要がないので病気の方でも入れる保険です。
例えば、先日まで入院していたなど一般の保険ではレッドカードを突きつけられるような状況でも加入できる事が多いため、保険の安心サポートを諦めかけていた人にとっては、希望の光となるでしょう。

そんな間口の広い入り易い加入のメリットの一方で心に留めておきたいデメリットも存在します。
保険料が一般のものに比べ割高である事や、保険料の払い込みは終身払いの商品が多いなどがその一例。
それぞれの保険会社によって多少の違いはありますが、加入してから期待していたものと違ったという事がないように、保障内容を事前にしっかり確認する必要があります。

 

☆誰でも入れる『無選択型保険』加入の前に必要な事とは?

『万人はひとりのために、ひとりは万人のために』という謳い文句が保険の助け合いの精神であり、モットーでもあります。
そのため健康にリスクを抱えている場合はみんなの出し合ったお金を使う頻度が高くなる可能性があるため、公平性を保つためにどうしても保険料が高くなりがちです。
今回ご紹介している︎無選択型保険も“誰でも入れる”“持病があっても入れる”という今まで保険の加入を諦めかけた人にとっては聞き心地のよいキャッチコピーの一方で、いくつか留意しておいたほうがよいデメリットがあります。
例えば、家族の大黒柱がなくなった場合に生活の糧となる死亡保険金は無選択型保険の場合、契約から2年以内に死亡の時には、それまでに払い込んだ保険料のみが相当額となります。
また一番必要としているはずの治療中の病気や加入前の病歴を起因とした入院や治療費は保障の対象外となる場合もあります。
人生の安心サポートとしてライフプランに組み込みたい保険商品。無選択型保険はハードルの低い入り易さばかりに目が行きがちですが、まずは保障内容をしっかり確認し、自分にあった条件の保険商品に加入しましょう。

 

☆保障内容の確認が重要!あなたにぴったりの保険を探しましょう

日々の忙しさのあまり、自分の身に何か事故や病気がふりかかるなんてあまり考えない事が多いですよね。健康な身体に感謝するなんて、普段の生活だと当たり前すぎて気に留める事もなくスルーしてしまいがちです。しかしいざという時にあなた自身や大切な家族を守って、経済的な支えになってくれるのが保険です。高額な医療費を今までコツコツとためてきた預貯金で賄えるのであれば、保険への加入は必要ありませんが、入院や治療をはじめ、確実にあなたの寿命をのばしてくれる先進医療は家計を圧迫するには十分すぎるほど高額です。無選択型保険は健康状態にかかわらず誰でも加入でき、持病があり保険を諦めかけていた人にとっては魅力のあるものです。しかしその一方でデメリットとなる内容もあるので保障内容は事前にきちんと確認しましょう。メリット、デメリット全てを考慮した上で自分が欲しい保障と一致していれば、心のお守りとなってあなたや大切な人達を生涯サポートしてくれるでしょう。

ページ上部へ