軽い持病がある人が入れる保険

軽い病気の女性

 

普段の生活の中であまり考えたくないけれど、もしもの時のシミュレーションは自分の為、そして大切な家族の為にしておいたほうが安心ですね。
保険はそんな万が一に備えて用意しておいたほうがよい人生の防衛策の筆頭とも言えるでしょう。
しかし持病など健康上の理由があって加入を試みたけれど、診査の段階で断られてしまった場合はついつい後ろ向き、消極的になりがちです。
今日はそんな場面に立たれた人にこそ再度チャレンジして頂きたい保険商品のお話です。

 

 

☆持病があっても入れる保険は存在するの?

過去に病気をしていましたという場合、保険への加入は一般に比べ難しくなります。
みんなでお金を出し合って助け合うという保険の相互扶助の考え方から医療の使用頻度が高くなりがちと判断され、公平さに欠けるのがその加入へのハードルを高くしてしまう理由の一つです。
それでも保険の加入への道が全く絶たれたわけではありません。
軽い持病を持っているなど健康上に何らかの問題を抱え、申請してみたものの断られてしまったという場合でも加入できる…そんな保険加入を諦めかけた人にとって、希望の星のような保険があります。
通常一般的な保険は健康診断の結果に加え医師の診断や、保険会社が用意した告知内容を細かく記述し提出する必要があります。
そして最終的に保険会社の診査によって加入できるか否かふるいにかけられます。
この段階でそのふるいの目を通らない、いわゆる持病を持っている人が保険への加入に待ったをかけられてしまうのです。
しかし片手で数えるほどの少ない告知内容や医師の診断なしに、軽い持病があっても入れる保険が存在するのです。

 

 

☆加入を諦めた人に再チャレンジして欲しい保険

持病を持っていて健康上リスクがある場合、加入のハードルが高くなりがちなのが保険への加入です。

一度加入を試みたけれど断られてしまった人などを対象とした保険が大きく分けて2つあります。

<引受基準緩和型保険> 保険会社が用意する幾つかの告知項目によって保険への加入か否かが決まります。
告知事項は片手で数えるほどの少なく、医師の診査さえも必要がないことも多く、加入への間口は一般に比べかなり広めです。
別名『限定告知型保険』ともいわれ保険料は一般の保険に比べやや割高なものの、既往症の再発や悪化に対しても保障対象のうえ、終身保険があるなど健康に自信のない方には心のお守りとも言える人生に寄り添って安心サポートを約束してくれる保険です。

<無選択型保険> 加入に必要な保険会社への告知が必要ありません。
病状を気にすることなく誰でも加入できる保険です。
健康上のリスクが高いため保険会社が保険金や死亡給付金を支払う必要性が高いので、保険の相互扶助の公平性を守るため保険料は割高に設定されています。
加入しても既往症の再発や悪化による治療や手術は保障の対象外になるなどデメリットとも言える保障内容もあるので、まずは引受基準緩和型保険もしくは限定告知型保険からの加入を検討してみるのが良いでしょう。

 

 

☆持病があるからこそ、入っておきたい安心の保険

保険は健康な人だけがいざという時に備えて入るものと思っていませんか?保険への加入を一度断られてしまったら尚更のことそのネガティブな思い込みに陥り加入を諦めてしまいがちですよね。
しかし保険は本来助け合いの精神から生まれたものです。
お互いに手を差し伸べあってこそ前に進めるという進化論が根底にあります。
そのため通常必要とされる医師の診断や保険会社への告知が少ない、もしくは全くない状態でも入れるハードルを限りなく低くした保険商品が用意されています。
引受基準緩和型保険 限定告知型保険、無選択型保険などがそれらに該当するもの。
確かに一般の保険に比べれば、月々の保険料が割高であったり、保険会社からの保障の支払いが少ないなどデメリットともとれる要素が幾つかありますが、保障があるのと全くないのとでは病気にかかった時の経済的ストレスには大きな差が生まれるはず。
常にポジティブに前向きに生き続けたい人には必ず人生のポケットにいれておきたい心のお守りのような存在と言えるでしょう。

ページ上部へ