引受基準暖和型保険に入りやすい持病とは

老若女性1

引受基準緩和型保険とは、健康に不安を抱えている人や既往症など健康上の悩みを持っている人にとって加入しやすいのが魅力の保険です。
持病を持っているなどの理由で、保険の加入を諦めていた人にとっては安心を形にした嬉しい保険のひとつと言えるでしょう。
しかし場合によっては保険会社の告知項目に該当するなどの理由で加入を断られてしまうケースも。
今日は引受基準緩和型保険の入りやすさにポイントを置いてご紹介していきましょう。

 

☆持病があっても入れる保険

いざという時の備えになる保険はそれぞれ個人のライフスタイルに合ったものが選べるように沢山の種類があります。
そのため情報が多いあまり結局どれに入ればいいの?と頭を悩ませてしまう事もありますよね。
また気になる持病があり保険の加入を一度断られてしまった場合などは、今まで貯めてきた貯蓄に頼るしかないのか..など、将来に向けて大きな不安が付きまとうものです。
しかし引受基準緩和型保険なら、健康告知の基準のハードルが比較的低いため、持病があっても加入しやすいのが魅力。
月々の支払いは通常の保険料よりやや高めになりますが、片手で数えるほどの健康告知項目をクリアすれば保険に加入でき、将来の安心を手に入れる事ができます。
それぞれのライフプランや体調に合わせて加入する事で、自分のためだけでなく、大切な家族にとっても有効な安心のサポートが受けられます。

 

 

☆引受基準緩和型保険に加入する告知項目とは

引受基準緩和型保険の加入は持病があり健康に不安を抱えているが、安心のための医療保障を備えておきたい人にオススメです。
保険会社が用意した告知項目に該当しなければ、過去に入院や手術をしていても一生涯にわたって安心のサポートをしてくれる場合もあります。

保険加入への入りやすさとしての引受基準は“厳しめ”と“易しめ”などそれぞれ各社によってハードルの高さは異なります。
例えば気になる持病を持っていても、最近3ヶ月以内に入院や手術、検査などを医師より勧められていなかったり、過去1〜2年以内に様々な病気の起因となりやすい糖尿病の診断、治療を受けていない事などが挙げられます。
また他にも再発の一段落期間と言われる5年以内のガンでの診断、治療、検査、投薬などを受けていない事などが告知項目に含まれている事も告知内容として多く見られます。
保険会社によって内容は様々ですが、加入する事によって得られる生涯サポートの精神的な安心により、病気と向き合う前向きな姿勢になれる所が共通点と言えるでしょう。

 

 

☆保険契約者の公平性のため

医療保険とは助け合いの精神のもと加入者達が、それぞれの状況に応じて、病気や怪我に備え保険料を支払い、医療を受けた時にその恩恵に預かるというもの。そのため加入者全員が同じ保険料を支払うようであれば、持病がある人は医療を受けるリスクが高く、助け合いという相互扶助の考えに不公平が生じてしまいます。引受基準緩和型保険への加入には項目自体が少なくても、深刻な持病を持った人の場合、厳しい基準が課せられる事が多いのも事実です。しかしながら過去に病気をしていても、一定期間が経過し健康状態を保っている場合は加入しやすい状況となるのが引受基準緩和型保険の魅力です。それぞれのライフプランと契約内容を見合わせて、最も安心のできる形で万全の備えを日頃から用意しておきたいものですね。

ページ上部へ