重い持病でも入れる保険

重い病気の女性

健康にリスクを抱えている人を対象とした“持病を持っていても入れる保険がある”“手続きは簡単な健康告知なし!”などの持病があっても入れる保険について、最近ではテレビのCMをはじめ雑誌の広告などでも反映に目にする機会が増えました。
加入を諦めかけた人に最後にもう一度トライして欲しいのがこのハードルを低くした保険です。
今日はその保険の内容について詳しく解説していきましょう。

 

☆持病の程度で入れる保険が違う?

持病や既往症があるとなかなか一般の保険への加入は難しいもの。
保険はもともと健康な人が将来の病気や事故による経済的不安に備えるという意味合いがあるので、そのハードルの高さは仕方がないのかもしれません。
しかし加入を一度断られたからといって、全ての門が閉ざされたわけではないのです。
重い持病でも入れる保険、医師の診査や限定告知、もしくは告知なしで加入できる保険があります。
最近では頻繁にテレビや雑誌などで広告をしているので“ああ、あれね。見た事ある!”という人も多いのではないでしょうか。
持病を持っていても、過去から現在に至るまでの健康状態を考慮して、将来の安心サポートが受けられるのが引受基準緩和型保険や別名、限定告知型保険です。
またさらに今病気が進行中ですよという人も告知無しで加入できる無選択型保険が加入を諦めかけた人に検討して頂きたい保険です。

 

☆加入の条件にはそれぞれ違いが あります

保険の加入を一度断られてしまったなどの理由で、将来への不安を抱えている人にとっては希望の星ともいえる引受基準緩和型保険や無選択型保険。
両者ともその字から読み取れるように、保険会社が契約者の基準を緩和した、もしくは選択すること無しに加入できる可能性が高い保険です。
引受基準緩和型保険の加入条件はそれぞれ保険会社によって異なりますが一般的に、3ヶ月以内に医師から入院や手術を勧められた、もしくは過去2年以内に病気による入院歴がある、そして他にも過去5年以内にガンと診断されたなどが一般的に多い告知内容として挙げられます。
加入者の健康状態を過去にさかのぼってリサーチ。
現段階でどのレベルの健康状態であるかが保険加入への診査の基準とされます。
また無選択型保険の場合は保険会社への健康状態の告知や医師の診断が一切必要ありません。
現在病気を患っている、または重い持病に悩まされているといった健康上ハイリスクという場合でも加入が認められるケースが多いハードルの低さが魅力の保険です。

 

☆持病のレベルでそれぞれ保険の種類が違います

持病を抱えているからといってネガティブになる必要はありません。
一度保険の加入を断られても最後に首を縦に振ってくれる保険があるのです。

例えば引受基準緩和型保険や無選択型保険は過去に持病で入院や治療を受けていたとしても一定期間を過ぎていれば、病状は一段落ついたと判断されます。
少しずつ時間の経過と共に健康な状態に近づいているという認識のもとに加入が認められる保険です。
また医師の診断や保険会社への告知もなく、持病を患っていても入れる無選択型保険は、まさにフリーパス…誰でも加入できる保険です。
重い持病があり加入を断られてしまった人にとっては、経済的な面からくる精神的なストレスを少しでも和らげてくれる保険と言えるでしょう。

ページ上部へ