限定告知型保険に入りやすい持病とは

老若女性2

予備知識があるからこそいざという時に有効利用できる保険ですが、実際のところ毎月の支払いは欠かさずしていても、詳しい事はよくわからないという人も多いのではないでしょうか?
本日ご紹介する限定告知型保険も、言葉だけ聞くと専門的すぎて難しそうですよね。
シンプルに説明すると持病があり健康に自信がない方でも入りやすくした保険の事です。
保険の加入を試みたが難しかった…など将来への不安を抱えている人にオススメの保険です。

 

☆限定告知型保険のメリットとは

病気にかかってしまうと、将来予測されるのは手術や治療、入院費などがあげられます。
将来起こり得るかもしれない万が一に備え、家計を圧迫しかねない高額な医療費などに備えるのが保険です。
しかしすでに持病を持っていたり、既往症の再発が懸念される場合はなかなか保険の加入を試みても難しいところ。そんな方に手を差し伸べてくれるのが限定告知型保険です。
メリットとしてあげられるのは簡単な告知で加入できるハードルが低い保険への入りやすさや、保険会社が加入者の選択をしない、いわゆるかなり広い範囲で保険に加入できる無選択型保険より保険料が割安という点です。
持病を抱えているので、保険への加入をためらっている方やすでに一度断られてしまった人にはオススメといえるでしょう。
今までコツコツと貯めてきた蓄えによる医療費の自己負担だけが残された道だと思っていた方には、相談してよかったという気持ちになれる安心への第一歩の保険といえます。

 

☆限定告知型保険のデメリットはあるの?

限定告知型保険に加入する際には保険会社が用意した告知に答える必要があります。
以前は病を患っていたけれど、今は回復している、など現状の正確な健康状態を告知する事で、みんなでお金を出し合って助け合う保健のモットー『相互扶助』の仕組みの公平性を保っているのです。

限定告知型保険のデメリットは一般的な普通の保険に比べ保険料が1割から3割とやや割高である事や、いざという時の給付金の上限が他の保険にくらべて低いところなどが挙げられます。
しかしそうはいっても、保障内容は充実しており、持病が悪化、または再発した場合でも手術代や入院費を保障してくれますし、今や国民病とまで言われているがん、急性心筋梗塞、または脳卒中の三代疾病による入院は無制限に保障してくれるなど手厚い保障が用意されています。

また公的な医療保険の適用が効かない先進医療の技術料を通算2000万円まで保障してくれるなど金銭面からくるストレスを限りなく少なくしてくれます。

 

☆限定告知型保険の審査で引っかかる持病とは

慢性的に身体に常に覆いかぶさっているような持病は、よくなる気配があっても断続的に兆候が現れ長期化してしまうもの。
そのため保険に加入したくてもなかなか審査が通らず加入が難しいのが実情です。
しかしそんな持病や既往症など健康上の問題で保険の加入を諦めていた人に朗報なのが限定告知型保険への加入です。
保険会社が用意した告知項目をパスする事ができれば、20代から80代までと幅広い年齢範囲で人生の安心サポートを手に入れることが可能です。
がん、上皮内がん、肝硬変など過去5年以内にこれらの病気により医師より診断、検査などを受けていなければ、比較的入りやすいと言えるでしょう。
月々の保険料は一般の保険と比べて多少割高になりますが、手厚い安心保障が常にあなたの健康のお守りとなってくれます。

ページ上部へ