大腸ポリープの人が保険に加入するための告知

おなかを触る女性

大腸ポリープである場合、保険に入りにくいことがあります。
ただ、吸う音の経過観察の後、再発がなければ、条件付きなどで入ることが出来る場合もあるのです。
一般のタイプの場合は、症状や治療などの状況によって、特別条件で入ることが出来ることがありますし、難しい場合は、限定告知型や無選択型のタイプのものを選ぶことで、入ることが出来ることもあります。
ただ、どのような場合も、正しく査定してもらうことが大切です。
そのためには、正確に告知をするようにしましょう。

大腸ポリープの人が正確に告知をするポイント

大腸ポリープの診断を受けている場合、正しく査定してもらうために、正確に告知をすることがとても大切です。
告知のポイントは、切除したポリープの個数、大きさ、大腸の部位、残存したポリープがあるのかないのかを、正確に書くことです。
切除したポリープの病理組織診断結果がわかる診断書も用意するようにしましょう。
ただ、このように正確に告知をしても、症状によっては入ることが難しくなってしまう場合があります。

大腸ポリープの人が保険に加入できる可能性

大腸ポリープの診断を受けた人が、医療タイプに加入したいと思った場合、部位不担保になったりするので、入ること自体が難しくなる可能性があります。
ただ、死亡タイプのものであれば、数年間の経過観察後に再発がなかった場合、条件つきになりますが、入ることが出来ます。
一般タイプのものが難しい場合でも、限定告知型や無選択型のものであれば入ることが出来る可能性があるので、症状や治療の進み具合によって、考えてみるようにしましょう。
大腸ポリープの診断を受けた人が入りにくい理由は、切除しても再び発生する可能性があり、放置していた場合はがん化することもある病気であるためです。粘膜に覆われた管腔臓器に発生する隆起性病変のことをポリープと呼び、大腸に出来たものが大腸ポリープです。
病組織学的に、大腸ポリープの大半は線腫と呼ばれる腫瘍で、大きいほどがん化率が高くなります。

大腸ポリープの人の保険加入

大腸ポリープの人が保険に加入することは、医療タイプの場合、部位不担保になったりして厳しいですが、死亡タイプは数年間の経過観察後に再発がなければ、条件付きで入れることがあります。
一般タイプで難しい場合は、限定告知型や無選択型も検討してみるようにしましょう。
できるだけ条件のよいものに入るためには、正確に告知をすることが大切です。

ページ上部へ