給付削減支払法とは?

給付削減支払法とは

保険契約時の特別条件で、加入してから定められた期間内に保険金が支払われる事由が発生した場合に給付金額を減額して支払うというものです。加入から1年は給付金・一時金ともに保険金の支払額は50%に削減される場合など、保険によって異なりますので加入を検討される際によくチェックする必要があります。

なぜ給付削減支払の条件が付くのか

引受基準緩和型保険は一般の保険と違い、告知が少なく加入条件も緩やかです。そのため保険会社にはリスクが大きく保険料は高めに設定されています。そこで加入からすぐの保険金を少なく設定することで少しでも保険料を低く抑えるように工夫されています。

一般の保険でも給付削減支払法はある

一般の生命保険や医療保険でも一定期間は給付がされなかったり、給付を減額される時期があります。がん保険などは、加入から91日以降からがんの保障を開始するなどの条件があるため、引受基準緩和型保険だから給付削減支払法があるというわけではありませんので、安心してください。

ページ上部へ